Feature,  News & Topics

第4回 Base Campus ゲスト講師:精神科訪問看護ステーションKAZOC(かぞっく)代表 渡邊乾さん(作業療法士)

テーマ「変容を求めず、存在を承認する〜オープンダイアローグ、ハウジングファースト、当事者研究」

第4回 “BaseCampus”は精神科訪問看護ステーションKAZOC(かぞっく)代表、渡邊乾さん(作業療法士)がゲストです。
  渡邊さんが立ち上げたKAZOCで大事にしている実践や考えにフィンランドでうまれた精神科医療の対話的実践「オープンダイアローグ」、路上生活者支援における「ハウジングファースト」、浦河べてるの家でうまれ、BaseCamp でも日々行っている「当事者研究」があります。   これらの実践を貫くものとして、渡邊さんの信念である「変容を求めず、存在を承認すること」があるのでは?と考え、今回そのあたりのお話をうかがえたらと企画しました。

BaseCamp に来るとすぐにメンバーが近くに集まってきて、いつもニヤニヤいたずらっ子のような表情でそこに「居る」渡邊さん。相手をジャッジメントしないで「変容を求めず、存在を承認する」ありようが一緒にいるひとをそのままの自分で安心していさせてくれるように感じます。渡邊さんのそんなありかたを育んだのは、精神科病院で窓際族になり苦しんでいたときに出会った患者さんたちの存在だった そうです。

そんな渡邊さんのありかたや実践に、みなさんと一緒に触れられる時間になると良いなぁと思います。

精神科訪問看護・オープンダイアローグやハウジングファースト・当事者研究に関心のあるかた、存在を承認するって?と気になったかた、 職場で窓際族なかた、否定されてばかりな気がしてクタクタなかた、渡邊さんに会ってみたいかたなど、、どなたでもぜひぜひいらしてくださいー。BaseCamp メンバーも交えてみなさんとともに、ワイワイガヤガヤと対話を通じて繋がりあえたら嬉しいです。

日時:2019年6月29日(土) 13時開始〜16時頃終了
出演:訪問看護ステーションKAZOC渡邊乾さん&BaseCampのメンバー
会場:就労継続支援B型BaseCamp(東京メトロ有楽町線・副都心線千川駅の目の前)((住所:豊島区要町3-22-10星野館ビル401)

参加費 :2000円(おやつ付き 定員: 20名程度
お申込み:(メール)info@base.or.jp (電話)03-5923-7418 (お問い合わせフォームから)https://base.or.jp/contact/