Feature,  News & Topics,  イベント案内

BaseCamp流オープンダイアローグ!?2021年冬

【BaseCamp流オープンダイアローグ!?2021年冬】

フィンランドのケロプダス病院で生まれた「オープンダイアローグ」という取り組みがあります。精神的な危機にある!という時、日本では、精神科医の診察によって、幻覚妄想状態であるなど評価され、診断名がつき、入院、薬物療法などが選択肢にあがりやすいです。オープンダイアローグは、そうではなく、「精神病は頭の中に宿るのではない、人と人との間に宿る」ととらえ、「まずは、危機にあるひとや家族・関係者と、医者や看護師などのチームが出会い、集まって、対話するための仕組み」です。同時に、技法ではなく、哲学や考え方であるとされています。日本でも2013年ごろから注目するひとが増えてきていますが、クリニックや訪問看護など医療現場での実践のイメージが強いかもしれません。でもわたしたちのような福祉事業所でも、オープンダイアローグから学び、実践に活かせることはたっくさんあると思っています。

今回は、「BaseCamp流オープンダイアローグ!?」と題して、BaseCampではどのようにオープンダイアローグから学び、実践しているのかを超!具体的!!にあれこれ紹介できればと思っております~!

「自分の悪口言われてる気がする」「テレパシー送ってこられた!」…ひとりひとり異なる体感を抱えながらも、日々一緒に活動しているわたしたち、ピンチのときも、日常も、、、言葉だけでなく、イラストや劇、ダンスもとびだし!どんな工夫ができるかな???の試行錯誤をとくとごらんあれ~

BaseCampメンバー、職員にくわえ、ケロプダス病院のスタッフによるトレーニングやフィンランドの現地視察も経験し、訪問看護などの最前線の現場でオープンダイアローグを実践してきた渡邊乾さんも、一緒にお届けいたします。

日時:
12月18日(土)10:30〜12:00

参加費:
①オンライン参加チケット(後日録画視聴可・2週間限定公開):2000円
②BaseCamp現地参加チケット(後日録画視聴可・2週間限定公開):3500円※限定5名!!!
→BaseCampにて配信の様子を直接ご覧いただけます

出演:BaseCampオールスターズ&渡邊乾さん(作業療法士・訪問看護ステーションKAZOC)

お申込み:Peatixからお願いいたします〜※①のかたにはイベント前日にZOOMURLを送付いたします。

〇申し込みはこちら(PEATIX)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です